健康ライフ

2017.05.08

お弁当編

このエントリーをはてなブックマークに追加
お弁当編画像

 
あなたは毎日のランチ、どうしていますか? 外食するとお金がかかるし、毎日、コンビニでは栄養が偏ります。おススメは週に数回、手づくりのお弁当を加えることです。
 
 
 

■佐藤病院管理栄養士からのアドバイス

 
お弁当を作る際、気を付けていただきたいことはまず、主菜となる肉・魚・卵・大豆製品などのたんぱく質を必ず入れることです。
そして野菜・きのこ・豆など副菜を彩りよく並べましょう。カラフルを目指すことで、栄養のバランスも良くなります。主食のご飯は白米ばかりではなく、時には玄米・雑穀米なども入れてみてください。一層、栄養価が高まります。
 
いきなりお弁当を作ることはハードルが高いという方は、まず、サンドイッチやおにぎりを作ることから始めてみましょう。パンも玄米パンや全粒粉パンなどを選んでみましょう。中身の具材をツナや卵、チーズ、鮭、しらすなどにすればたんぱく質も摂れます。毎日の食生活が豊かになっていくこと、間違いなしです!
 
 
気になることがあったら、一人で悩まずご来院ください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加