健康ライフ

2017.01.10

おにぎりよりお肉の方がダイエット効果があるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
おにぎりよりお肉の方がダイエット効果があるの?画像

 
私は現在ダイエット中です。ある本で、おにぎり1個食べるなら、お肉を同量食べた方が良いと書いてありました。お肉は脂肪が多そうなので、ちょっと驚きなのですが、それって、本当ですか?
 
 
 
 

■佐藤院長からのアドバイス

 
ちょっと極端な話ですが、おにぎり(炭水化物=糖質)よりお肉(タンパク質)を摂ろうということでしょう。糖質の多いものばかり食べると、血糖値が上がります。血糖値を下げるために、インスリンが分泌されます。そのインスリンは別名「肥満ホルモン」といわれ、脂肪と合成して貯めこむ働きがあります。
 
ですから糖質だけの食事だと、脂肪が増えて肥満になってしまいます。お肉に含まれるタンパク質や脂質では血糖値が上がりませんので、ダイエットには向いているかもしれませんね。
一見痩せている人でも、低カロリーで糖質ばかり摂っていると、体の中は脂肪過多になってしまうのです。
 
これが良いからと、ひとつのものばかり食べるというのではいけません。
バランスのよい食事を意識して、なおかつ適度な運動でエネルギーも消費させることが大事です。
体は食べ物で作られるということを再認識していただき、健康的なダイエットを心がけていただきたいですね。
 
 
 
【答えてくれた先生】
産科婦人科舘出張佐藤病院 院長
佐藤 雄一 先生

佐藤先生 医学博士
産婦人科専門医
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本生殖医学会生殖医療専門医
日本抗加齢医学会専門医
医療法人舘出張佐藤会高崎ARTクリニック理事長
公益財団法人日本体育協会公認スポーツドクター

 

気になることがあったら、一人で悩まずご来院ください。

 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加